ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢

2014年4月19日[土]〜 6月29日[日]

原美術館 (東京都品川区)

2012 年にパリ シャトレ座で上演されたオペラ「オルランド」のアートディレクションで高い評価を得た新進気鋭のフラン ス人作家、ニコラ ビュフの美術館における初個展を開催します。パリ生まれ東京在住のビュフは、ルネッサンスやバロ ックなどのヨーロッパの伝統文化と、子どもの頃から夢中になった日本やアメリカのマンガやアニメ、ビデオゲームなどの サブカルチャー、すなわち西洋と東洋、伝統と現代を融合した、壮麗で軽やかな作品に取り組んでいます。その制作 は美術のみならず、舞台、ファッションなど多くの分野から注目を集めています。 ビュフは、ヨーロッパの古典と和製ロールプレイングゲームの世界観に類似性を見出し、驚いたと語ります。この展覧会 では、主人公である少年ポリフィーロの冒険を通し、夢と愛、闘いと勝利、死と再生という、普遍的なテーマが提示され ます。主に壁画と立体作品を組み合わせた大型インスタレーションで構成される本展は、さらに AR(Augmented Reality、 拡張現実)の技術を用いて鑑賞者が仮想空間で甲冑をまとうことのできるインタラクティブなマルチメディアインスタレー ション、屋外の大型インスタレーションを含み、美術館全体をファンタジーの世界に変える異色の試みです。 

*ポリフィーロの夢: 3 ページ参照
*AR:Augmented Reality(拡張現実)。現実の環境から知覚に与えられる情報に、コンピュータが作り出した情報を重ね合わせ、補足的な情報を与える技術。(参考文献:IT用語辞典)

*
* * *
* * * * *

2012 年にパリ、シャトレ座で上演された古典オペラ「オルランド」の斬新なアートディレクションで、一躍時の人となったフ ランス人アーティスト、ニコラ ビュフ。日本やアメリカ由来のサブカルチャーと、ヨーロッパの伝統的な美意識を融合させ るビュフは、本展でもかつて邸宅であった原美術館の建築と周囲に広がる庭園を舞台に、現代版冒険活劇とも言える 世界へ観客を誘うインスタレーションを展開します。

* * * * *
* * *
*

開催要項

展覧会名 :「ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢」 (英題 Nicolas Buffe, The Dream of Polifilo)
会期:2014年4月19日[土] – 6月29日[日]
主催 会場 :原美術館
後援:フランス大使館
助成:フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本/アンスティチュ・フランセパリ本部、フラン ス国立映画・映像センター 、フランス国立グラフィック・アート造形芸術財団、笹川日仏財団

特別協賛 :エルメスジャポン株式会社
協賛 :ソシエテ ジェネラル、ヴランケンポメリージャパン株式会社

協力:山本現代

開館時間 :11:00 am-5:00 pm (水曜は8:00 pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日 :月曜日(祝日にあたる 5 月 5 日は開館)、5 月 7 日
入館料:一般 1,100 円、大高生 700 円、小中生 500 円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日 は小中高生の入館無料/20 名以上の団体は 1 人 100 円引 *2014年4月1日からの消費税増税に伴い、入館料を上記のとおり一部改定いたします。

交通案内:JR・京浜急行「品川駅」高輪口より徒歩 15 分/都営バス「反 96」系統「御殿山」停留所下 車、徒歩 3 分/京浜急行「北品川駅」より徒歩 8 分

原美術館 :東京都品川区北品川 4-7-25
Tel:03-3445-0651
Eメールinfo@haramuseum.or.jp
公式サイトhttp://www.haramuseum.or.jp
携帯サイトhttp://mobile.haramuseum.or.jp
ブログhttp://www.art-it.asia/u/HaraMuseum
ツイッターhttp://twitter.com/haramuseum

当館学芸員によるギャラリーガイドを日曜・祝日2:30 pmより30分程度行ないます。

関連イベント
その他、イベント開催決定の折には、ウェブサイトで発表します。

·: Nicolas Buffe :· - 図版B_NBインスタレーションのための習作
·: Nicolas Buffe :· - wolf entrance
·: Nicolas Buffe :· - Nicolas Buffe 2014 Polifilo no yume
·: Nicolas Buffe :· - Nicolas Buffe - 2010 Peau de Licorne 20x14